アフターケアを入念に

girl sitting on chair

室内でも紫外線対策

美容治療の中には施術後、副作用として腫れたり赤みがでたりすることがあります。施術後通常通りの生活を送れるまでにかかる時間のことをダウンタイムと呼びますが、フォトフェイシャルにはこのダウンタイムがありません。
施術後すぐに化粧をして帰ることもできると評判の美容治療です。しかし、アフターケアを念入りに行う必要があるというのは他の美容治療と変わりありません。
特にフォトフェイシャルの光と言うのはメラニンに反応して治療を行っていて、日焼けをしている人は施術を受けることができません。
施術後の肌は紫外線にとても敏感なので、普段より念入りな紫外線対策が必要となります。もちろんクリニックから自宅に帰るまで日焼け止めは必須です!
肌に優しく副作用がないと評判のフォトフェイシャルですが、アフターケアを怠ってしまうと紫外線に反応して肌荒れを起こしてしまうことがあります。
口コミサイトなどの評判を見ていると、施術後しばらくは日焼け止めは勿論帽子やサングラスをつけるなどして完全防備していたと言う人もいました。
また、紫外線の中には波長の長いものもあるので窓ガラスを通して部屋の中まで入り込んできます。施術後しばらくは室内でも紫外線対策をしっかりと行うようにして下さいね。
初めてフォトフェイシャルを受ける人はこういった注意点をしっかり理解しておく必要があります。クリニックを選ぶ際にはアフターケアについてもしっかり説明してくれると評判の良いクリニックを選ぶと良いと思います。